画家の素顔

Art

青木繁の「海の幸」が東京から戻ってくるのにあわせて行ってきた。安井曾太郎の「玉蟲先生像」、梅原龍三郎の裸婦が良かったなぁ。石橋美術館は明治・大正・昭和に活躍した画家の作品を俯瞰して観れるのがよい、と言うかその時代の画家達の作品の楽しさを知った場所。もうしばらくすると主要な作品は東京へ行ってしまう。ほんと、残念。

gakanosugao_1

gakanosugao_2

gakanosugao_3

gakanosugao_4

gakanosugao_5


パレットと自画像でさぐる 画家の素顔

場所:石橋美術館
住所:久留米市野中町1015
会期:2015年 4月25日(土) − 7月5日(日)
開館:AM10:00 – PM17:00
休館:月曜日(祝日や振替休日の場合は開館)